« Experiment 2 | トップページ | Experiment 4 »

Experiment 3

試験三日目でーす。
水槽内を見た範囲では何の変化もないんですが、でも、気づきました。
先週、木曜日に水換えをした2日後ぐらいから、スカンクシュリンプくんを見ていません。
考えたら、日曜日に脱皮の皮らしきかけらを見つけたんですが、アレ、スカンクくんの死骸だった見たいです・・・トホホあんなに元気にしていたのに、水換えが原因だったのかなー。
水質を良くするためにやったのに、だんだん不安になって来ました。

さて、AZ-NO3の投与三日目です。
硝酸塩は・・・
21_oct_2008_fishes_001
昨日と比べたら、気持ちの分だけ薄くなっている?
ような・・・

今日は16滴投与。
×16

頼むから、効いて欲しい。

|

« Experiment 2 | トップページ | Experiment 4 »

海水魚」カテゴリの記事

コメント

こん○○は、

スカンクが行方不明ですか、脱皮すると殻が固くなるまで隠れていることが良くあります、またエビはpHの急激な変化に弱いです、大量に水換えしたときに新しい水と飼育水に大きなpHの差があった場合は急激なpH変動が起きますのでショック死することもあると思います、私は面倒なのでやりませんが大量の水換えを慎重に行うならば新しい水と飼育水のpHを近づけることが必要かもしれません、もし添加剤が原因で死んでしまったとなると、お勧めしたこともあり少し責任を感じています、アクア用の添加剤なので定量を守っていれば問題はないと思っていましたが、飼育している生体によってそう単純なことでもないかもしれませんね、今は良い結果が出ることを祈っています、

投稿: カール | 2008年10月23日 (木) 12時46分

こん○○は

私としては、添加剤が原因でスカンクが死んだとは思っていません。
カールさんには、なんの責任もないですよ。
多分、水換え時に脱皮をして、失敗したんだと思います。前にも、スカンクを突然亡くすことがあったので、今回もあまり驚いていません。
それよりも、今は、試験結果を毎日チェックするのが楽しみです。
夏休みの自由研究みたいで

投稿: Peky | 2008年10月24日 (金) 00時30分

こん○○は、

そう言ってもらえると少し気が楽になりました、でもエビちゃん残念でしたね、

とにかく日本から凄い念力を送っていますので硝酸塩は下がると思いますよ

投稿: カール | 2008年10月24日 (金) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Experiment 3:

« Experiment 2 | トップページ | Experiment 4 »